機密文書処理といった対策でキープする企業の信頼|企業注目の対策

システム

認証を取得する方法

ISO認証取得のためには

IT

企業がその活動における信頼性を社会や消費者にアピールすることは重要です。世界的に、消費者の権利意識が高まり、また企業コンプライアンスや経営の透明性などについても厳しい目が向かられています。そのような状況で、企業価値を高める一つの手段としてISOの認証取得が企業の品質や環境に対する評価基準になっています。ISOの認証を取得することが企業活動の目的ではありませんが、ISO認証を取得したという事実が社会や消費者あるいは顧客に対して、企業の経営姿勢を示す方法として認識されるようになっています。しかし、ISOの認証取得には、様々なハードルがあることから、専門家の指導を仰ぐことでその手続きや期間を短縮することが可能です。

専門のコンサルティング企業

最近、ISO認証取得を支援するサービスを提供する会社が増えてきました。前述したように、企業活動が客観的に評価される基準としてISO認証が役立っている、という現実があることから、その取得を目指す企業が増えているのが理由です。ISO認証取得の支援サービスを提供する会社には、豊富な知識と経験を有する専門家がいます。最もポピュラーな品質マネージメントシステムや環境マネジメントシステムでISO認証を取得するための具体的な手法や手順について、適切な指導を提供してくれます。計画の策定、必要な文書作成、社員トレーニングや研修、社内での監査、マニュアルの策定、修正など、一連の作業と活動を通してISOの認証を取得するまでフォローしてくれます。